ハイドロキノンクリーム

ハイドロキノンクリーム > ハイドロキノンクリームで紫外線対策

ハイドロキノンクリームで紫外線対策

きれいな肌の大敵とも言える紫外線。 ひと言に紫外線と言っても実は一種類ではない事をご存知でしょうか。それぞれの特徴を知っておく事でお肌のケアにも役立てる事ができます。紫外線は光の波なので波長というものがあり、その長さによって種類が分かれています。専門的な話なので、まずはそういうものなのかで良いです。
ハイドロキノンクリームで美白ケア│男性でも効果あり?

まず一つ目の種類はUV-Aと呼ばれている紫外線です。 これは人が普段浴びている紫外線の約9割を占めている紫外線です。 UV-Aは割合としてはとても多く、人の肌に降り注ぐ量も多いのですし、雨や曇りの日でも降り注いでいます。 ですが、実は人体に与える害の量は一番少ない紫外線となっています。

ただし、害が少ないとはいっても浴び続けるとやはり良くはありません。 活性酸素という体に悪影響をもたらす物質を作りだす力は実は強いため、防ぐのに越したことはないのです。 活性酸素は肌のハリや弾力を保っている繊維を切断してしまい、肌の状態に影響を与えます。

続いてUV-Bという紫外線です。 地表に降り注ぐ紫外線は地球のオゾン層を通り抜けてくるのですがUV-Bはこのオゾン層にほとんどは吸収されます。 ただし、近年は環境の変化によって少しずつ、地表に届くようになってきています。

UV-Aの100~1000倍も体に害があると言われており、しみやしわなどのお肌への悪影響にとどまらず、皮膚がんや白内障などの重大な病気の元にもなっています。 非常に害があるので極力カットしたい紫外線です。

最後にUV-Cという紫外線です。 こちらはオゾン層に現在も吸収されており、人が普段住んでいる地上ではまだほとんど観測がされていません。 ただし、世界の標高の高い山の山頂などでは微量ながら観測されているという事もあります。

そのため、UV-Bのように今後は地上にも届き始める可能性はなくはありません。 有害性はUV-Bのさらに上と言われています。 ただ、その作用についてはまだはっきりしていない部分が多いです。


20代のニキビケアで大切なポイント

20代はニキビケアに特に気を使う必要のある年代と言えます。 その理由は皮脂の分泌量です。 まだまだ若く、皮脂の分泌量も多い20代はケアを怠るとすぐに肌の環境も悪くなってしまいます。

逆に言えばきちんとケアをすればその効果も実感しやすいので、できる事から始めていきましょう。 まずは化粧品ですが、ニキビ用の化粧品が販売されているので、それを使うのが、まず一つの方法です。

ただし、それで効果の出る方もいますが、肌の質には個人差もあります。 効果の出にくい方もいますので、しばらく試してみて効果が薄いと感じたら、別の物を試してみるのも良いでしょう。

ニキビ用で効果が出なければ、敏感肌用の物を使ってみるのもお勧めです。 ニキビにも効果が期待できます。 洗顔についてもこだわってみると良いでしょう。 こちらも肌に優しい天然成分からできている石けんなどを使い、こすらずに優しく洗うと良いです。

また、石けんは手でこすって洗うというイメージを少し変えてみましょう。 石けんを泡立てて、その泡でふんわりと洗うというイメージで洗うのがお勧めです。 肌の表面を傷つけずに洗う事ができます。 よりニキビに特化した洗顔にするには、酵素パウダーを使うのも良いでしょう。

酵素パウダーは毛穴に詰まった汚れを分解して洗い落としやすくしてくれます。 自分に合った化粧品への変更と洗顔方法を見直すだけでも大きく変わってきます。 ニキビができにくい肌環境にできるのはもちろん、肌の潤いやツヤも良くなってきます。

20代も後半にさしかかっている方は、段々と生活習慣も影響が出てくるので、不規則な生活はなるべく避けるようにしましょう。 具体的には食生活と睡眠です。 食事は一日三食のペースをきちんと守り、肉類と野菜もバランス良くを心掛けましょう。

また、睡眠はできるだけ早寝早起きでしっかり取りましょう。 全てをしっかり行えば体質が徐々に変わっていき、体の調子が悪い時に肌の調子にその影響が出る事が少なくなります。